TOP » SPORTSのこと » MotoGP
2004.09.23 22:34(Thu)

MotoGP

Category:SPORTSのこと
Tag:

a0025960_2242329.jpgMotoGP第12戦日本グランプリ(ツインリンクもてぎ)が行われ、日本人の玉田選手が優勝した
しかも王者バレンティーノ・ロッシを6週目で抜き去りどうどうのポール・トゥ・ウィンだった。
また中野選手も3位に入り、日本人が表彰台のほぼ独占しました!!!!

a0025960_22103579.jpg

本当にバイクはF1と違い日本人が強い。何年か前の150ccクラスなんかは年間王者を日本人通しが争っていたし、なんといっても3年前になるが250ccクラスの加藤大治郎と原田選手の一騎打ちは今でも記憶に残っています。
その年年間最多記録13勝とワールドタイトルをとった"加藤大治郎(写真)"はMotoGPクラス(元500cc )にランクアップした。
そして誰もがいつかは大治郎がWorld Championになると思っていた矢先、去年の開幕鈴鹿のシケインで原因不明の事故でタイアバリアに突っ込み、その後亡くなりました。
そのときはすごいショックでなんであんだけ得意(250cc時代はスポット参戦を含む4連勝していた)な鈴鹿で…ただその年にコース改正で変更になったシケインだったのは…まぁ、この前MotoGPを見ていてチームメイトだったジベルナウが大治郎のナンバー74を胸につけていてふと思い出した。

だが、唯一日本人が年間王者をとっていないMotoGPクラスも今回優勝した玉田選手や中野選手、青木選手、阿部ノリックといったライダーが近いうちにとってくれると思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!