TOP » しふくのおと♪ » Bank Band / 沿志奏逢
2004.12.29 23:25(Wed)

Bank Band / 沿志奏逢

Category:しふくのおと♪
Tag:

bankBand.jpg発売されたのは前ですが、「Bank Band」というバンドから「沿志奏逢」というアルバムが出された。
「ap Bank」は、普通の銀行ではありません。
櫻井和寿、小林武史、坂本龍一の3人が拠出した資金を、シゼンエネルギー、省エネルギー、環境に関するさまざまなプロジェクトに融資する機関で、金利は1%、運営資金も自分たちで拠出する非営利組織です。
http://www.apbank.jp/より引用)

ご存知の方もいると思いますが、Mr.Childrenの櫻井和寿によって出されたCDです。
収録されている曲はほとんどカバー曲で、中にはミスチルの「HERO」や「優しい歌」といったセルフカバーの曲もアレンジされて入っています。

このプロジェクトを見ていて印象に残ったことはアーティストや専門家などの"個の連鎖"による一般の人々への意識の向上、そして「どう使われるかが把握できない自分たちの預金を、自分達の望む使い途"のみ"運用されるバンクに拠出する」というところで、やはり影響力のあるアーティストや専門家が動くことによって人々が共感し、自分たちの巨額な資産を"出資"という形で貸し付けることでお金がまわる。

つまり「ファン」→「アーティスト」→「融資された人」→「地球(環境改善・保護)」=「人々」といった形で"サイクル(循環)"する。
このプロジェクトがさらに広まっていけば現在の日本の経済のような"負のスパイラル(らせん)"ではなく"プラスのサイクル"になり環境だけでなく経済も良くなると思う。
自分は残念ながら出資するお金はないが、このCDを買うお金くらいなら払えるので買おうと思う。
まぁミスチルはかなりFANだし!!

「HERO」の歌詞はかなり共感されられる。
「例えば誰か一人の命と引き換えに世界を救えるとして僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ」
まさしく自分はそのような男だし、"自己犠牲"という言葉はあまり当てはまらない。

「でもヒーローになりたい ただ一人 君にとっての」
とは言ってもやっぱり自分が届く範囲、やれることはしたい。
この曲を初めて聞いたときはかなり考えされられた。
それから時間がたったが変われただろうか!?
そんな自問自答の日々を過ごしています。
でも近い将来、ほんの少しでも"プラスのサイクル"にできるような仕事、もしくは活動をしたい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

» bank bandのリンク集より: bank bandとりまとめ

bank bandのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 読む

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!