TOP » 私事。 » ビジコン
2004.12.20 01:58(Mon)

ビジコン

Category:私事。

20041218.jpg
大学時代のゼミ!?のイベントに来賓として参加して来ました...

発表者がそれぞれ自分の考えたビジネスプランをプレゼンテーションをし順位を競う」

"ビジネスプランコンテスト"で昨年まで運営していた自分として昨年以上のできであり、OBとしてうれしく思い、プランのレベルも年々上昇していると思う。
そんなわけで自分以外にもOBが多く参加していて、ある意味"同窓会"みたいな感じになった。
前にも書いたが、自分たちの代はまともに就職していない....と書くとフリーターというわけではなく、ただなんとなく一般の企業に就職しているヤツはいなく、自分で事業を起こそうとしているヤツや独立してやるための経験としてひとまず何年か働いているヤツなどばかりで特に異質な世代だ(笑)

打ち上げの席で昔の話や今やっていることなども話したりしたが、他の世代の先輩やかわいい(!?)後輩たちに"仲イイですね"と言われるが、それぞれ共通してあるのが「それぞれが自分で考え、自分のやりたいことを必死にやっているので干渉はしない」
ただ、「良い仲間が集まったときにはうまい酒とうまい食い物を金を気にせず飲む」
そして、"親友"というより学生時代に一つのことに対して一緒に何かやった"戦友"という
言葉があてはまります。

ただ、今回後輩たちの運営の中で残念だったのが、「e-mailでのMLを使った連絡のやり取り」があまり見られなかったことですね。自分たちは本番までの準備や連絡などの手段としてML(メーリングリスト)を使い、それぞれが他の人の状況などを"共有"していて、そのMLに流れているメールをみて、他のヤツが大変そうなら手伝ったり、困っているときの状況判断などに役に立ててきました。
自分が端から見ている限り、今年はうまい具合の仕事の分担ができていなかった。
そのためリーダー一人に負担が偏ってしまい、不平等さがでていたこととかですね。
自分たちや先輩たちが積み上げて来た経験(失敗など)をかなり活かせてくれただけに残念だった。

俺らの代は自分が好きな言葉、「我々の間にはチームプレイなどという都合の言い訳は存在しない、あるとすればスタンドプレイの結果として生じるチームワークだけだ」のようなある種ドライな関係だった。
(そんな感じだったので精神論が好きな方には煙たがられたりしましたがね...)
しかしそんな連携だったからこそ、仕事をしないやつがいなかったので文句を言ったり、ましてやうらんだりはしなかった。だから酒を飲むときは楽しく飲めるのだと感じました。

のちの世にポルトガルのフィーゴ、ルイコスタなどの"ゴールデンエイジ"ではありませんが、
この世代は起業家としてやっているヤツが多いと言われるようになったらと思います。
それこそがお世話になった先生や講師の方々への恩返しだと思っております。

P.S/今回のビジコンの内容についてはまた他の機会で

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!