TOP » SPORTSのこと » アビスパJ1昇格ならず…
2004.12.12 21:10(Sun)

アビスパJ1昇格ならず…

Category:SPORTSのこと
Tag:

avispa20041212.jpgJ1入れ替え戦第2戦が柏レイソルのHOMEで行われ、第1戦は0-2で負けているアビスパは勝って3点差以上つけないとJ1に昇格できない状態で迎えました。

試合は第1戦と同様で終始流れをつかめないアビスパで千代丹田ヘッドや有光のシュートなどおしい場面があったがもう一歩攻めきれなかった。
そのため逆に柏に立て続けに決められ結局2-0で終わった。
Total4-0で完敗だった…。
アビスパよりに見ても今年のチームは最後らへんで8連勝で逆転で3位など好調だったが、有光とエジウソンといった同じタイプのFWを並べた前線では今ひとつで、有光と太田のようなタイプの違ったFWで先発を決めてほしい。
そのためには太田の成長…今日の試合でおしかったヘッドだけでない"足"からのシュートをもっとうまくなれば来期のリベンジが期待できそうだ。

それにしても前半途中の有光の交代は納得できなかった。
流れをかえようとみて早めに先手を打とうとしたのはわかったのだが、交代したFW…名前知らん"11番"が太田より先に入ったのかわからなかった。
しかもちょうど流れがアビスパに来ていたときの届かないボールへのハンドみたいなプレイでイエローカードをもらったりと最悪だった。テレビで見ていてマジがっくりきたね…
相手であるレイソルの元・日本代表、トルシエの秘蔵子明神とリカルジーニョの中盤が効いていてボールをとってからの攻めに転じるときにたびたびカットされていた。
だが、ファンにはおこられるが現・日本代表の玉田選手はニヤ×2笑っていたり、シミュレーションっぽい転け方も多く、審判に文句言ったりとはっきり言ってかなりスポーツマンらしからぬプレイヤーでむかついた(怒)
日本代表なんだからもう少しプレイを含めて模範となるプレイをしてほしい。

そんな感じで負けはしましたが、DFから中盤にかけてはさすがに松下監督による熟練した4-4-2システムが機能しているので来期はFW陣のさらなる成長に期待!!
そして来年こそはJ1にあがってほしいです!!

今、"最後"のTOYOTAカップを見ているのだが、面白くない…
FCポルトVSオンセ・カルダスといったサッカーを知らない人にはまったくスター性のない
両チームで試合を見ていてもプレイに花が無い…。
TOYOTAカップと言えば、デルピエロゾーンから決めて車とカップを持って帰ったデルピエロ率いるユベントスやロナウド、ジダン、フィーゴ、ベッカム、そしてラウールといった
スター軍団レアル・マドリー、去年のACミランなど誰もが見たい試合だったのですが、テレビから観客を見る限り空席があったり、試合は0-0でPKになったりと"最後"を飾るにはむなしすぎる試合でとても残念だ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!