TOP » ぶっく » 「日本のゴルフ場が危ない!」
2005.01.21 23:59(Fri)

「日本のゴルフ場が危ない!」

Category:ぶっく
Tag: ,

wakagiGOLF.jpg「日本のゴルフ場が危ない! - 若木ゴルフ倶楽部を守る会の闘い」を読みました。
日本のゴルフ場だけに留まらず、日本経済の現状を表しているといっても過言ではないお話です。

この本を読んでまず思ったことは「西武は許さん!」そう思える内容です。

それはまず西武はゴルフ場を建てるために多額の預託金を集めておきながら返済期間の10年が来る前に経営不審を理由にゴルフ場を外資に売り渡し、民事再生法の加護を受けようとする傍ら、会員には預託金の返還額の5〜10%程度に減らし、自分たちは転売や名義書き換えや新規顧客獲得などの会員を無視した自分たちの利益ばかりを考えている。
その大企業の動きに負けまいと立ち上がった主に若木ゴルフの会員の方々である「若木ゴルフ倶楽部を守る会」の闘いが書かれた著者である。

この方々がすごいと思ったのは、普通は企業に対して自分たちの預託金の返済額を増やすということが目的で闘った訳ではなく、自分たちが好きなゴルフ場、"日本のゴルフ"そのものを守ろうとしている姿に心引かれます。
これらの問題を含め、現在の日本社会がいかにクソったれなのか日々のニュースなどで思い知らされますか、それらに立ち向かった「若木ゴルフ倶楽部を守る会」を始め、特にその中の中心人物の方は自分がよく知る経営者の方でとても尊敬しているその方に敬意を払いたいと思います。
自分も大小ありますが日本経済のために何かできることを人生の一つの目標にしていきたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!