TOP » SPORTSのこと » スペイン勢敗退!!
2005.03.12 23:59(Sat)

スペイン勢敗退!!

スペイン勢がベスト8を前に散ってしまった…(泣)


スポーツナビ|サッカー|欧州サッカー|スペイン|ライカールト、ルシェンブルゴは何を言うべきだったのか(1/2) 木村浩嗣の「誘惑と憂鬱のスペインサッカー」
ライカールトの勇敢なプランニングのおかげで、スピード・強さのカウンターサッカーとテクニック・ボール支配の2つのコンセプトの激突を90分間堪能できたこと。チャンピオンズリーグの歴史に残る名勝負だった。


この記事の通り、バルセロナとレアル・マドリーは第一ステージ勝っていながら逆転で敗退した。

試合を見ていないので詳しい事はなんともわからないが、色々な記事を見る限り、バルセロナは普段通りのサッカーをし、レアル・マドリーは自分たちのスタイルとはかけ離れたサッカーをして負けた...。
正直何も言う事がない…。

今年のバルサにはかなり期待していた。ロナウジーニョを中心としたチームは本当に強かった。
チームがまとまっていたし、エトーの爆発力もすごかった。一位を独走しているのもうなずける。
だからかショックが大きかった。今年のバルサには自分が好きだった、まだフィーゴがいたころのバルサのような楽しいサッカーをしていてロナウジーニョのテクニックには笑いと感動を与えてくれる!!
「エラシコや芸術的なパスすげー!!」「あのノールックパス騙されはしないだろ!!(笑)過剰すぎ!!」っていうふうに。

自分が好きなサッカースタイルの国スペイン勢の敗退これはマジで痛い…
これ以降のチャピオンズリーグを見る気がしなくなるくらい…(T_T);
まぁ、そんなわけで一時Newsは見ねー!!やはりサッカーは見るのもいいが自分でやるものだ-!!

それにしてもこの引用した記事を書いている木村浩嗣さんが各記事は面白い。Numberなどでもよく読んでいるのだが
なんと言っても観点がおもしろい。今回も「自分がライカールトの立場だったら」ということで書いていますが、
自分の哲学をもっていてそれを記事に書く事がすごい。
やはりサッカーを好きでよく見たり、経験者などは生半可知っているものだから、それぞれ「ここはこうだろ」って
思う部分は多々あるが、それがなかなかうまく論理的には書けない。それでいて読んでいて楽しいと思わせる。これはすごい!!
「木村浩嗣さんに"巧"(^_^)!!」←堀池さんのパクリ(笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!