TOP » NEWS246 » ついに日本放送問題決着!?
2005.04.19 00:00(Tue)

ついに日本放送問題決着!?

Category:NEWS246
Tag: ,

horiemon418.jpg18日、約70日間続いた「ライブドアの日本放送買収問題」はライブドアが持っている日本放送の株式をフジテレビに売却し、フジテレビとライブドアの業務提携ということで一区切りがついたようだ。前日は休みで噂の"トータルワークアウト"で走って筋肉痛の堀江社長とフジテレビの日枝会長、日本放送の亀渕社長の3社合同会談が行われ、日本放送の株をフジテレビに買収し、フジテレビとライブドアの業務提携で一応騒動が集結したようです。

本当にこの問題は連日NEWS番組などに取り上げられ、経済学者からM&A専門家、視聴者を巻き込み大きな論争を呼び、今まで株式や企業経営状態などに興味がなかった人達にまでも色々と考えさせられるものだった。

そもそもこの一連の騒動はなんだったのだろうか!?フジテレビの親会社(当時)日本放送の株を買収し、経営権を握り、それを通じてフジテレビをライブドアの傘下にし、さらなるメディアの拡大、自社のポータルサイトの知名度の向上をはかろうとしたところから始まった。
フジテレビを筆頭にしたフジグループも実は西武グループと一緒で自分たちのグループ内でのおかしな株式分配をしていて、まさかフジテレビが日本放送の子会社(株式上)だったことはこの騒動が起こるまでは知らない人の方が多かったに違いない。
そこをうまくついて経営権を握ろうとしたライブドアだったが、相手がフジテレビだったことやホリエモンの誤解を生む言動などで昨年の近鉄買収のときほど後押しもなく、反対が多かった。(その人達が起きている事を理解していたかは不明だが)

自分としては今回の騒動で特に「株式会社とは何か」を考えさせられた。会社は社長のものや社員のものなどいろいろ言われていましたが、株式会社しかもその企業が上場している企業ならなおさら会社は株主のものであり、会社は株主利益を尊重し、会社を成長させなくてはならないと思う。

ただ今回の騒動でとても残念に思った事は、堀江社長がゲストで日本テレビの「きょうの出来事」を見たときのアナウンサーの知識のなさ。特に小栗アナウンサーの記事を読んでいるだけなんだろうなと思う言動。あれには見ていて本当に腹が立った。
意味の無いYESかNOしかない唐突な質問。ああいうアナウンサーや番組は辞めた方がいい。視聴者に誤解を生むだけだと思う。それにもう少し勉強してほしい。自分がしている質問がどういう意味をもっていて、なぜ堀江社長が答えられないと言ったのか。あの番組自体に問題があるのではと思った。
メディアのレベルの低さも痛感した70日間でもあった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!