TOP » Rockwell-eyes » 篠田昇一回忌
2005.06.22 21:45(Wed)

篠田昇一回忌

N-Shinoda.jpg尊敬する撮影監督・篠田昇さんが亡くなられてちょうど一年がたった。
岩井俊二監督作品といえば撮影は篠田昇とイコール(=)で結ばれるくらい数々のすばらしい作品を岩井俊二監督と共に世に送り出してこられました。
そして篠田昇さんと言えばあのカメラワークはなんとも言えません。カメラを三脚(!?)で固定しない撮影。自然と調和したシーン。特に「リリィ・シュシュ」のカイトを飛ばすシーンや「花とアリス」の桜のシーン、そして「Love Letter」の雪山のシーンが好きですね。
そんな篠田昇さんのご冥福と尊敬を込めて「Love Letter」を再び見ます。

「Love Letter」といえば岩井俊二初監督作品で、中山美穂さんが3年前に婚約者を亡くした渡辺博子とその亡くなった婚約者と同姓同名の藤井樹役の一人二役で主演されています。

iwai-LoveLetter.jpg

物語はその渡辺博子が亡くなった婚約者(藤井樹)の三回忌の帰り道、樹の実家を訪れ、樹の中学時代の卒業アルバムから彼がかつて住んでいた小樽の住所を見つけだし忘れられない彼への思いを癒すために彼が昔住んでいた小樽=天国へ届くはずのない一通の手紙を出すところから始まります。
しかし、今は国道になって家はないはずの住所から藤井樹という名前で返事が返ってきた…。
なぜ亡くなった藤井樹から手紙が来るのか!?

久しぶりにこの「Love Letter」を見て感動でした。本当にいつ見てもいいです。
篠田昇さん亡きあとの岩井俊二作品がどうなるのかなど悲しみ半分、楽しみ半分ですが、自分はこれからも篠田昇というキャメラマンがいたことを忘れないと思います。


そんな篠田昇さんの一回忌と追悼の意味を込めて今週の土曜、6月25日23:30から「追悼オールナイト上映」が東京・渋谷の シネ・アミューズといところで行われるみたいです。

6:25-ShinodaNoboru.jpg

放映作品は篠田昇劇場デビュー作「ラブホテル」、岩井俊二初監督作品「Love Letter」、そして遺作となった「世界の中心で、愛をさけぶ」の3作。
是が非でも行きたいのですが、暇がなく行けません…(泣)
ゲストに行定勲などが予定されていて、飛び入りもあるとのことで岩井俊二監督も来る可能性あり!?
行きたい…


自分も届く当てのない篠田昇さんへのFan Letterを出しますかね(笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!