TOP » 林檎の話題 » iMovieで制作費218ドルの映画!?
2005.08.22 23:07(Mon)

iMovieで制作費218ドルの映画!?

Category:林檎の話題
Tag: ,
tarnation.jpg

なんと制作費218ドル(約2万円)という低予算で編集され、しかも「iMovie」を使った映画がついにできた!!
その映画のタイトルは「ターネーション」という作品でなんとカンヌ国際映画祭や東京国際映画祭など多くの有名映画祭に出品されていて、賞も受賞している。
すごいな…

Appleが「iPhoto」や「iMovie」などを統合し「iLife」となったときから思っていたのが、いつか「iLife」の連携を使ってすべて「iLife」で制作した映画が出てくると感じていたのでついに来たかという感じですね。
同じAppleから出ている「Final Cut Pro」や「Motion」などの「Final Cut Studio」も確かにすばらしいソフトですが、やはりこれらのソフトの値段の高さ、そしてなによりこれらをスムーズに動かすにはかなりのハイスペックなマシン、PowerMac G5クラスのマシンが必要になるため、やはり大掛かりなものになりますが、「iLife」の場合はPowerBook(もしくはiBookくらい!?)でも大丈夫だと思う。
「リリィ・シュシュのすべて」で岩井俊二監督が沖縄のシーンでVX2000で撮影した映像をPowerBookで編集したというのは有名でしたが、PowerBookやiBookだったら外で撮影してもすぐに編集し、DVDに書き出すことまでもできますしね。

この「ターネーション」は映画界に革命を起こしそうなのは間違いなしなんですが、ストーリーもいろいろと仕掛けがあるみたいでそちらも面白そう!!
福岡は残念ながら上映予定が決まっていないみたいなので上映されたらぜひ"話のタネ"に見に行ってみたいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

» Glenlivet Studioより: ターネーション

ターネーション(TARNATION)公式HP アメリカ映画評論家支持率92... 読む

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!