TOP » Movians » スターウォーズ エピソード3
2005.09.02 12:45(Fri)

スターウォーズ エピソード3

Category:Movians
Tag:

昨日は"1日"ということで映画が1000円で見れるので仕事の隙を見てダイヤモンドシティの映画館に初めて行ってきました。席はなかなか座りやすかった。

STARWARS-Ep3.jpg

今回見たのは「STAR WARS Episode 3」
旧3部作と言われるEpisode4~6はリアルタイムに映画館で見たことはもちろんないが、実は新3部作は結局すべて映画館で見たことになる。

※ここからネタばれ有り

今回のEpisode3でシリーズ最大の謎
「なぜアナキン・スカイウォーカーがダースベイダーになってしまったのか?」
がわかるということでかなり気になっていましたが、見た人によって賛否両論あるとは思いますが、自分が見た限り"純粋"な男だったからだということです。
純粋な男がなんで暗黒面に落ちるんだよって言いたくはなりますが、純粋すぎる上にシディアス卿の悪魔の誘いにのってしまった。普通、愛する人を死なせないためだけに幼い子供(パダ・ワン)や仲間を殺したり、悪いことはしないよな。
しかも日本の政治家ばりに「どうやってやるのか!?」が抜けている矛盾した言葉であるのに


STARWARS-DB.jpgそんなわけでアナキンは「妻パドメを出産で死ぬ」という悪夢を実現させないためにシディアス卿の「暗黒面のフォースを学ぶことで愛する妻を死から解放する」という誘いにのり、ジェダイを裏切り"ダース・ベイダー"になってしまったのです。
ただ、だからといってすぐにあの「シュポー×2」と言っているあの有名なかっこうになったわけではなく、師オビワン・ケノービとの死闘により瀕死(HP1くらい!?)に追い込まれたところをシディアス卿に助けられ、生命維持のためにあのかっこうになったのだと。
つまりサイボーグ。(攻殻の義体のほうが高性能だな)

オビワンがあのときアナキンにとどめを刺しておけばまた歴史は変わった(帝国の力はあそこまで巨大ではなかった!?)のかなと思いましたが、弟とまで思っていた自分の弟子をいくら裏切ったとはいえ瀕死の状態であるのに自分の手でとどめを刺すことはできなかったのかもしれません。

なんと言ってもシディアス卿率いるシスとヨーダなどジェダイの戦いは本当に今の選挙戦を見ているようだった。
どちらがどっちというわけではないが、銀河評議会の権力を強めようとしていくパルパティーン(シディアス卿)、そして自分が銀河を征服することが銀河に平和をもたらすのだと…。なぜ!?って言いたくなるような言葉でした。

まるで「郵政民営化が景気回復をもたらし、社会保障や年金問題を解決し、国民が豊かになるんだ」といっているどこかの経済の"け"の字も知らん総理やいかんざきと言っている党首を見ているようだった…。
でも「反対」、「反対」しか言っていない党も好きではないですが…。
なぜ反対なのかがない。

-----------------------
自分的には郵政民営化をやることが悪いことではないと思いますが、なぜ郵政民営化が直接景気回復などに結びつくのかそれが知りたい。節税している経済担当大臣よ!
経済のテストで「デフレ経済化で経済の景気回復をするために政府がとる政策は?」という問題が仮に出たとして答えに「郵政3事業を民営化する」と答えたら部分点の1点でさえもらえんぞ!単位落とすぞ!
なぜ民営化が景気回復をもたらすのかそれをまず説明してほしい。賛成や反対するのはそれから。
結局、民営化されて一番困るのは地方の郵便局や雨の日も風の日も郵便を配達している配達員の方々なんだと。

あと、どこかの政党が「消費税をあげません」と言っていますが、じゃあどうやって社会保障や年金を賄うんですか?と聞きたい。それは確かに国民は消費税をあげられるよりはあげらないほうがいいですよ。仮に消費税10%になったら1万円のものを買ったら千円も消費税とられるんだから…。
でも消費税をあげないための政策が明確にされていない。それだったら選挙を闘う上で言っているしか聞こえない。

経済やその政策もバランスシートを基本に考えないといけない。
収支(収入:税金などの政府の収入)が人口減少などによって減るのはわかっているのだから、支出を減らす(公共事業や議員の給料etc...)か、収支の部分を消費税をあげるなどをして増やさないといけないのはおこづかいをやりくりしている子供にだってわかることだと思う。

-----------------------

エピソード1では腰の低い政治家かと思ったパルパティーン議長だがその実態はシスの暗黒卿だったように、口先や見かけで政治家を判断してはいけない。
旧3部作であるエピソード4~6を見る限り、銀河は帝国の手に落ち、民主主義は消え失せ、自由はなくなり、平和ではなくなってしまいましたが、果たして銀河帝国ならぬ小泉独断政治は日本に何をもたらすのか!?景気回復かはたまたより一層の経済の悪化か…

アナキン・スカイウォーカーのように日本国民はタークサイドの誘惑に負けてはいけない…

May the Force be with you...
(フォースと共にあれ)


旧宇3部作ではハリソン・フォード演じる"ハン・ソロ"の相棒であり、実はヨーダとも親友だと発覚したチューバッカがEpisode3に出ていたのが感動した。ってか、あの種族は何年生きるの!?
これも謎だった…

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!