TOP » 林檎の話題 » Intel Leap ahead
2006.01.05 22:52(Thu)

Intel Leap ahead

Category:林檎の話題
Tag:

Intel_Leap-ahead.jpgIntelが新しいロゴを発表した。
今までの「Intel Inside」から「Intel Leap ahead」へと…

今回の"インテル入っている"から"さあ、その先へ"というのはインテルの新たな変革期に来た事を表していますね。
"インテル入っている"という必要がないくらい現在のWindowsのマシンのCPUのほとんどはIntelが入っています。おまけに今年からついにMacにもIntelが入っている状態になります。
このロゴを変更したのはただ変更したわけではなく何もないとは思えませんね。Intelの市場展開というのは気になりますね。

それにしてもMacworld SF 2006では「Mac mini」や「iBook」などがIntelプロセッサを搭載して発表されるのではと噂されていますが、もしかしたら技術的にはまだ難しい(のかな!?)PowerMac以外、特にPowerBookなどに関しては今回発表されてもおかしくないと思います。

またここも自分の勝手な想像ですが、iBookよりも小さいノートが噂されていますが(babyBook!? Mac Fanを読んでいる人は知っていますが)、iPodでこれだけハードディスクプレイヤーの地位を確保したAppleの戦略として従来のノートの小型化というのはあまり魅力的ではないと思いますね。
どちらかと言えばiPodで「インターネット」「メール」「iTunes」「動画」「携帯!?」と言った具合の機能を限定したものを開発した方が流れ的にはあっていると思います。すでに今のiPodは「動画」まで見れます。後はネットにつなげられれば「ブラウザ」や「メール」、「通話(IP電話みたいな)」はさして難しい事ではないと思います。(詳しい事はわかりませんが)
iPodのメモリーに関してもiPod nanoに変わるまで小型のiPodとして市場に出ていたiPod miniがHDDに対してiPod nanoがフラッシュメモリーというのも音楽に特化した物はフラッシュメモリー、高機能(ミニパソコン的)なiPodはHDDのように分けていくのではと勝手に思っていますね。

まぁ、そんな感じで今回のIntelのロゴの変更というのは新たな改革の年の"始まりの狼煙"ではないかと思えてならない今日この頃…
※勝手な思い込みですのであまり気にしないでください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!