TOP » SPORTSのこと » トリノオリンピック閉幕
2006.02.27 23:40(Mon)

トリノオリンピック閉幕

Category:SPORTSのこと
Tag:

torino_to-vancouver.jpg約半月のトリノ五輪も閉幕しましたね。
日本のメディアは揃って"メダル5個"なんか言っていましたが、終わってみるとフィギアスケートの荒川選手の金メダル一個だけでした。(心の声:ここ数日テレビが取り上げて少々飽きた。もういい。他の頑張った選手もとりあげろよ!!)
ただ、自分としてはメダルという結果以上にWINERスポーツの奥の深さを知りました。
モーグル、スノーボード、スピードスケート、アルペン、そしてカーリングなど、これらの競技の辛さや楽しさなど見ていて感動でしたね!!

まず、上村愛子選手のモーグルのスピード感とエアーの凄さは見ていて面白かった。結果は世界で"5位"というすばらしい結果です。女性の選手としては始めてオリンピックという大舞台で3Dと呼ばれるエアーを"完璧"に決めた選手だし、記録以上に記憶に残ったと思います。
次の五輪ではもっとすごい技が見たいね!!

そしてスノーボード、アメリカのショーンホワイトなどX-GAMEの選手が目立ちましたが、調子さえよければ今井メロのエアーは負けていなかったと思う今日この頃…(やっぱり昨年オリンピックの代表に決まってからの問題や怪我が悔やまれますね)。次も成田童夢とそろってさらなるレベルアップをとげて帰って来てほしいと思う。

あと、スノーボードはなんといっても今回から加わった"スノーボードクロス"がすごい楽しかった!!
スピード感ももちろん、あの最後にゴールするまで結果がわからないところなどすごい面白い!!
アメリカのスノーボード競技4つ目の制覇かと思ったスノーボードクロス女子の最後のジャンプでのグラブを入れての転倒などまさしくそれ!!
日本の藤森由香選手も7位と健闘しこれからが楽しみなスポーツの一つです。
ってか、あそこまで滑るのは無理だがスノーボードクロスのコースをすべってみたいと思いますね(笑)

また、今までテレビで競技の存在は知っていましたが、こんなに奥が深いスポーツなのかと気づいたカーリング、スピードスケートのパシュートなんかも今回の注目された競技の一つだと思いますね。

ただ、残念なのがボブスレーなど夏の五輪の種目に比べるとどうしてもどちらかとマイナーな競技になってしまう冬のオリンピックの競技の資金や設備面での苦難があり、4年間を積み上げて来るだけでもたいへんなことなんだと感じました。
片やフィギアスケートなど協会絡みの疑問が残る選考、資金面、人気の差などが大きく現れる大会でもあります。(協会のスポンサーでもあるCMにもそろって出ていたし、あの3人はかなり前から決まっていたんだろうと思う。)
やはり日本人に言える事ですが、五輪がはじまる辺りから急に注目して「メダル○個は取れます」と言うのは的外れだと思うので、今回の五輪で人気や注目が上がった種目を中心にもっとメディアなどで五輪が終わっても取り上げてほしいと思います。
それが何よりもメディアが望んでいる結果(=メダル)が出る方法だと思います。
やはりやっている選手も注目される事でモチベーションなども違ってくるし、スポンサーなどもついて資金面の問題も少しは楽になると思いますしね。


今年はなんといっても"ワールドカップイヤー"ということもあり、正直自分としてはここまで注目するとは思わなかったトリノ五輪ですが、かなり感動させられましたね!!
"メダル1個"だダメだ…結果が出なかった…と言って選手団や特にメディアがちょっとテンション下がり目ですが、これがサッカーの日本代表だったらどうなんでしょうかね!?
入賞した選手やコンマ何秒かでメダルに届かなかった岡崎選手など…はっきり言って世界の"ベスト8"、"ベスト4"ですよ!!
すごくないですか!?
開催まで半年を切ったワールドカップで日本代表がベスト8、もしベスト4なんかに残ったら日本中お祭りですよね。
そんなすごい結果を残した日本の選手の方々へ心から拍手をしたいと思います。
感動をありがとう!!…

スノーボードを筆頭に若手が多く出て来ている日本選手は"メディアが望んでいる結果"に関してはバンクーバーでフィーバーが起こるのでは!?と感じつつ、トリノ五輪を終了したいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!