TOP » ぶっく » Fukuoka Bar Book 2
2006.05.25 23:59(Thu)

Fukuoka Bar Book 2

Category:ぶっく

BarBook2.jpg今、福岡の本屋で売れているらしい(!?)『 Fukuoka Bar Book 2 』を買いました。
(ヨドバシ3階の本屋の4月の売り上げランキング第一位!!)
"2"ということで"1"もあるのですが、"1"が普通の大きさの本で各BARごとに詳しく紹介されていたのに対して"2"は一件ごとの情報は少ないのですがポケットタイプで持ち運びしやすいものになっていて、あともう一件行きたいというときに胸元に入れておいてすぐ見れるという使いやすさを重視しているみたいです。

いや〜最近また飲んでいませんね…

この「Bar Book シリーズ」を発行している方は実は大学時代に講師として来られていた知り合いの方なんですが、中州のBARにはその人の名にちなんだ"神○スペシャル"なるカクテルが存在するらしい!!一度飲んでみたい。
その方には「おまえらが行く店はBARではない」と言われた記憶がありますが…やはり今回もなかなかグレードが高いBARもセレクトされていてこの本では福岡の主要Bar143店舗取り上げられています。
自分が行った事あるBARはその10分の1くらいですね。

BARは本当に行く人の好みがわかれるものだと思っているのであまり気にしていませんが、自分としてはあまりルパン相棒の次元が行くような薄暗いカウンターで葉巻やタバコを吹かしながら一杯飲んでいるようなところは好きではなく(タバコを吸いませんしね)、酒や空間、店員に個性があるような店が好きですね。
この本でも紹介されていましたが、ALPINEBACCUS BASSINなどが比較的によく行くし好きです。
ただ先日BACCUSに行ってモヒートを飲んだのですがかなりまずく(水っぽい)…お会計も間違えられ腹が立った。
正直、大好きなモヒートを飲むならこの店と決めて行っているのでとても残念…
早速買ったこのBAR BOOKを見て新たな店を開拓していこうと思う。

あとこの本を読んでいて大名にある大型スクリーンがあるTamakiのチャージが800円だったと始めて気づいた。(スクリーンがあるため!?)
ワールドカップシーズンはやはり多いかな!?
たまに飲むときは値段をあまり見ないようにしているのである種発見でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!