TOP » SPORTSのこと » 切ない...日本逆転負け!!
2006.06.13 01:20(Tue)

切ない...日本逆転負け!!

Category:SPORTSのこと
Tag:

あと10分、いや5分こらえきれなかった…
先日のドイツ戦同様点を返されると立て続けに失点する日本の悪い癖が大事なx2初戦でも出てしまった。せめて1-1で終わっておければまだわからなかったのですが、終わってしまってはどうしようもない。

今大会はイングランド、オランダ、ポルトガルと前半の早いうちに先制し1-0で逃げ切ったチームが多いですが、日本も後半39分まで我慢しながら逆転負けということでもわかるように1-0で初戦を勝った強豪国のようにはいかなかった。
世界との差はまだx2遠い…

日本VSオーストラリア戦 in 冷泉荘今日は冷泉荘という中州の冷泉公園の近くにある古くなった建物を…とこれはまた違う記事で書きます(すんません…)。
そのプロジェクトの代表でもある野田さんがプロジェクターとスクリーンを購入されたということで大きなスクリーンでサッカー観戦して来ました。
写真は逆転負けをくらって落ち込む冷泉荘の人々…
それにしても負けて家に帰る道中かなり切ないね…(泣)

日本は前半から中田英がマークを引きつける事でスペースをつくってもらった中村俊輔がチャンスを作る。そんな中で決めた先制点(センターリングがそのまま入りましたが、Good!)。
その後も何度も好機がありながら追加点が奪えなかった日本。
逆に日本にボールを持たせつつ、ヴドゥカを起点に何度もおしいシュートを放ってくるオーストラリアですが川口の神懸かりセーブでなんとか後半39分まで"0"で防ぐが、その後は結果を見ての通り…

やはり今日の敗因はなんと言っても「坪井の負傷退場」、オーストラリアが点を取るためにFWの選手を入れる事で空いたスペース、右サイドのかなりぽっかり空いたスペースを駒野がフリーで何度もサイドチェンジなどパスをもらいながら決定機どころかFWの二人にさえ合わせる事のできなかったクロスの制度、サイドの攻撃。これがすべて。
そして同点に追いつかれてからの"気持ち"!!

サッカーのきつい展開は前半の早い時期に点を取って残りの時間、1点を守りきる事。これは相当きつい!!意外に負けているチームの方がメンタル的に楽な所もあり、追いつかれると一気に疲れが心身共にきますね…。
精神論は大嫌いですが、これを乗り切るには本当に気持ち!!
中田英選手でないですが、"気持ち"で負けていた。

最後まで希望を捨てちゃいかん
あきらめたらそこで試合終了だよ。
(by安西先生)

確かに坪井選手の負傷というのはかなり痛かった。
中沢、坪井の両センターバックが相手の攻撃を防いでいただけに…。

この負傷交代のため早々に坪井→茂庭というカードを切らなくてはならなくなり、その後のゲームプランが狂った。

ただ、逃げ切るために小野選手を入れたのか!?
追加点を奪いにいったのか!?

中盤を厚くするというのはわかるのだが、稲本選手と比べるとDF面やボディバランスがあまりよくない小野選手をあのタイミングで入れたのかどちらのケースだとしてもわからない。
あそこは疲れているトップのどちらかを変える。右サイドが空いていた(トップを増やしたために人数がまわらなかった)ので玉田選手にスペースを使わせるなり、ボランチの選手(守備が得意な)を入れるなり、自分がもしWininng Elevenをやっていてこの状況だったらやっていた(笑)

まぁ、確かにやはり田中誠の負傷により急遽招集された茂庭選手には重荷だったと思うし、DFの選手が途中から入ってチームの流れに合わせるのは攻撃の選手が途中で入る事よりかなり難しいので、茂庭選手を責めるのはおかしいので仕方がない…。さんざん言われていたジーコの監督の"采配"という面でヒディングと差が出た。


負けてしまっては何を言っても仕方がないのですが、4年に一度のお祭りだし、1-0でリードしながらの逆転負け。そんな中での敗戦。愚痴ぐらい言いたい。
けれど残り2試合あるのでまだ望みにかけたいですね!!

初戦で負けたチームはほぼ100%決勝トーナメントに進めない…そんな"歴史(ジンクス)を変えるくらいの軌跡""ブラジルに勝つ軌跡"(もちろんクロアチアにも)の両方の"軌跡"を信じて日曜日に備えたいと思います!!


最後に解説者(ゲスト)の人選くらいは気を使ってほしいなぁ〜
山本、岡田両監督、どちらも世界大会ではグループリーグ敗退した二人が揃ってはまた切ない…終わって解説されてもまた切ない…

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!