TOP » しふくのおと♪ » Salyu Tour 2007 TERMINAL in FUKUOKA
2007.02.13 21:06(Tue)

Salyu Tour 2007 TERMINAL in FUKUOKA

Category:しふくのおと♪
Tag: ,

Salyu Tour 2007 TERMINALに行ってきました。
前回のTour landmarkに続いて2回目です。

16:30会場、17:00開演という始まるの早い…
おかげで1時間前まで酒蔵にいたのでぶっとばしてなんとか到着。

salyu-terminal.jpg

今回は福岡市民会館という近くを通る事はあっても行った事がない会場でしたが、平らなアリーナ席とわかれている普通のLIVE会場とは違ってこれが見下ろす感じで見やすかった。
幸い先行予約(!?)のため前の方で見ることができ、Salyuの顔が肉眼で見える範囲!!
(コンタクト装着時1.5です)

Bank Band with Salyuでリリースした「to U」のためもあり、知名度が上がったため人はすごかった。
前回はイムズホール、今回は福岡市民会館。
次はサンパレスとかマリンメッセあたりかな!?


やっぱSalyuのLIVEに行って思う事は"CDの録音された音源""LIVEの生の声"とではこれだけパフォーマンスが落ちないアーティストも珍しい!!
普通LIVEだと声がかれたり、若干はずれたりするのにSalyuはCDもLIVEもいいっす!

1.be there
2.彗星
3.Tower
4.体温
5.故に
6.name
7.夜の海 遠い出会いに
8.landmark
9.heartquake
10.鏡
11.プラットホーム
12.I BELIEVE
13.風に乗る船
14.トビラ
15.Apple Pie
16.行きたいところ(アコスティックバージョン)
17.VALON-1
18.to U
(↑たぶん)


今回の曲順は「彗星」や「Tower」などのポップなナンバーから途中一転してスローな曲を連続して、終盤の風に乗る船辺りからまたヒートアップして「Apple Pie」で締め、アンコールではアコスティクな曲、「VALON-1」、そして最後は「to U」で幕を閉じました。
でも「to U」で締めるのは今回で辞めてほしいなぁ。
もちろんLIVEで聞きたいのですが、Salyu = to U(Bank Band)という図式からそろそろ脱却してほしい。
歌唱力もあるし、知名度も出て来たので。


また、SalyuのLIVEは歌もいいのですが、なんといってもバックの映像もすごいんだなぁ〜これが!
後ろでVJがいたのかな!?
曲と映像がリンクしていてより一層感動を誘いますね。
特に最初のプラットホームの曲にのってレールを進むシーンや「Tower」の東京の街並、東京タワーなどマジでかっこいい!!
ああいう映像と曲がリンクした演出やってみたいですね。

見ていて思ったのがSalyuは歌いながらはしゃぎながら動き回っていて「前回こんなに動いていたかな!?」って思っていたら前回は骨折していました(笑)
ギブスしてました…

前回も終わった後感動のあまり泣いている人がいましたが、自分もやばかったですね…
最近いろいろ悩みが多いお年頃なんで(←何歳だ!?※おやじです)
中でも「Tower」が最近一番よく聴いています。
すごく元気が出ます。


我慢してたらいいことがある、って
誰かの迷信ね
わたしはずっともっと私でいたいから いい?
あなたの前ぐらいだけはそう
ちっちゃなオオカミになれるみたい
ときどきは壊れそう
あぁそれでもぐるりと腕回して
自然とひとつになれるの uuu-

ね、もっと 好きなことしていいのよ & everynight
すべり落ちてmore なだれ込んでno
福岡(東京)のタワーが見下ろすのは
どうしようもない
ふたりは常にfallin' love

>>YouTube


詩も曲もいいですね。
(詩が一青 窈ということで若干秘められた内容が気にはなりますが…)

「我慢していたらいいことがあるって、って誰かの迷信ね
わたしはずっともっと私でいたいから いい?」
って部分やサビの部分など実はまだ最初の方だったのですが聞いていてぐっと来ましたね…

そんなわけですっごい感動に包まれて帰って来ました。
SalyuのLIVEには毎回行こう!っと心の中に誓う。
そして会場で買ったパンフの最後に載っていた
-「TERMINAL」は"終着"でもあり、"基点"でもある
この言葉がとても印象的だったので、自分の"基点"としてまた日々精進して行きたいと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

» salyuのサイト集情報より: salyuマニアックス

salyuのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 読む

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!