TOP » SPORTSのこと » 古田引退、ホークス敗退。
2007.10.10 10:33(Wed)

古田引退、ホークス敗退。

Category:SPORTSのこと
Tag:
furuta.jpg

「眼鏡を掛けた捕手は大成しない」というジンクスから"超"一流の捕手として日本球界を支えた古田敦也がついに引退した。
選手としても輝かしい実績をもちながら、2004年にはプロ野球初のストライキなど選手会長としての活躍や昨年からの師でもある野村克也現楽天イーグルス監督以来の選手兼任監督として頑張っていましたが、自身の体力の限界から引退を決めたみたいです。
しかも選手だけでなく、成績不振の責任とチームへの不信感から監督も辞意を表明し、古田は球界から去りました。

なんか寂しいですね。
自分が野球を見始めた頃から古田選手は活躍されていて"ヤクルト=古田"というイメージがあり、監督としてでも来季見れないなんて寂しいです。
でも引退セレモニーで最後に言った「また会いましょう!」を信じていつかまた古田が球界に帰ってくることを期待したいです!!(次こそは監督として優勝を)

softbank_hawks2007.jpg

そして地元福岡のソフトバンクホークスですが...CS(クライマックスシリーズ)でロッテに負けて今シーズンが終了。
またしてもリーグ優勝、日本一の夢は夢のままでした。

それにしてもプレイオフ、クライマックスシリーズっと短期決戦シリーズに弱いよね!!
毎年出ているのになんで短期決戦の闘い方ができないのか...あんまり野球のことはわからい自分が見ていてもはがゆく思う。
そしてロッテや日本ハムの野球は見ていてスピーディで楽しいし、「ここで点が入るな!」って思えるのですが、ホークスはチャンスがチャンスに見えない。(初球打ちでアウト、ゲッツーなど見ていてがっくりする)

今年は小久保が帰って来てかなり期待していただけにすごくがっくりしました。
もう5年ほど優勝から遠ざかっていて寂しいです。
福留に、ラミレスなど他球団の選手をとって補強しようとしていますが、今年の多村といい、あんまり期待していないので、松田や本多、ファームの江川など潜在能力のある若手はいるので育てて欲しい。
そして城島がいなくなってからの"弱点"でもあるキャッチャー。

来年こそは優勝を...

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!