TOP » アートをたずねる俺 » SWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
2008.02.08 23:52(Fri)

SWEETS vol.2 at THRUSH CAFE

SWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
知り合いのグラフィクデザイナー"先崎哲進"さんと下川佳代子さんなどフード関係の方々とで"食"と"アート"のコラボレーションイベント"SWEETS" vol.2に行って来ました。

場所は平尾の高宮通り沿いにあるTHRUSH CAFE(スラッシュカフェ)
vol.2となっているように今回で2回目で前回のvol.1以後も先崎さんと下川さんとで色んなイベントでの"アート"と"食"の融合をされていらして、今回はより一層パワーアップしたイベントになりましたw

SWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
受付で4つのガトーショコラから一つを選べます。
どれも美味しそうで迷う...。

SWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
ガトーショコラの他に1drinkが付いていて"本日限定"とかかれた「ベリーベリーソーダー」を注文してみましたが、下の方のゼリーがストローを詰まらせ飲みにくかったw

SWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
お店に入るとテーブルや天井に吊るされた今回の作品たちにはちょっとビックリ!!
もちろん食べれるのでそれぞれ取って食べたり、もちろん作品として観たりして楽しみます。

■sugar field
SWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
まずお店の入口につくられた"砂糖の庭"が目につきますね。

1年間に日本人が使う(食べる)砂糖の量が20kg。
今回ディレクションを行った先崎さんが近々30を迎えられるということで30x20="600kg"の砂糖を使って作られた"砂糖のお庭"で、30年という月日を月日を刻む"時の庭"をイメージされているそうです。

先崎さんの作業風景がスラッシュカフェのサイトに載ってました。
※こちらのみ11日まで展示されているそうです

■RACAROLL
SWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
SWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
そしてテーブル一面を使ってつくられた冬の代表的な茶花"椿"をイメージしたもので、チョコロールで作られた椿の花が一面咲いていてとても奇麗です!!
お皿の中の芸術的な盛りつけとはまた違った"食"と"アート"の芸術ですw

こちらの作品は入口の「sugar field」に散った花や枯れ葉に続いていて意味深な作品みたいで、いとをかし(笑)

■icicle
SWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
砂糖を水飴のように溶かして固められたまるでツララのような作品。
温かい部屋の中で唯一この柱のまわりは冷たい感覚になるこちらも冬をイメージされてつくられた作品ですね。
逆さにこの柱を見ると本当にツララがぶら下がっているみたいに見えるとか。

■???
SWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
SWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
こちらも面白い作品で、額にイチゴやラズベリー、マーマレード(!?)などジャムを塗られたもので、スコーンやクッキーのようなものを額をなぞって付けて食べます。

最初は一面に塗られていたジャムが付けられる度に変化して、それぞれ違った一面を見せる面白い作品です。

■星影の果実
SWEETS vol.2 at THRUSH CAFESWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
そして今回のフライヤーにも載っていたレモンやオレンジなどの輪切りにされた果実が吊るされたシャンデリア。
光にあたって揺れる果実たちとの影の具合がとても奇麗な作品です。

レモンやオレンジはとても甘いのかと思いきやそこまで甘くなく、むしろちょっと酸っぱい感じがまた光と影のバランスのようで面白い。

SWEETS vol.2 at THRUSH CAFE
今回のスウィーツはどちらかと言えばビターなちょっと大人な味なのでちょっとご不満かな!?

まぁ、こんな感じで素敵な空間を過ごしました。
アートというと限られたスペースで在り来たりなものが多く、興味がない人には接点がないものとして感じされますが、今回のような"食"と"アート"の融合(コラボレーション)はとても面白いですね!!
先崎さんには毎回良い勉強をさせて頂いております。感謝!!
今回自分が撮った写真はこちらにもあります(by flickr)

■SWEETS vol.2 FEB,8 Fri.2008 open 20:00
at THRUSH CAFE

sweets: Kayoko Shimokawa ,
Miki Hirao ,
Yasuko Otsuka ,
Takuya Kitazato
art work: Takayuki Senzaki
DJ: Gyoza
supported by THRUSH CAFE

SWEETS vol.2 DM表SWEETS vol.2 DM裏

■THRUSH CAFE(スラッシュカフェ)
福岡市中央区平尾3-5-10 ビュートリアムビル2F
092-521-4323
11:30~25:00
第1・第3火曜日定休
http://www.thrush-d.com/cafe/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

» コイスルHeart。~non-nonの魔法陣~より: THRUSH CAFE(スラッシュカフェ)in平尾vol.2~「SWEETS vol.2」

先程まで警固のカフェでしゃべり倒し、すっきりして帰ってきたワタシに残ったモノは、妙な達成感と爆笑レッドカーペット録画をそのままにしていたため5時間以上浸食... 読む

コメント

なうしか :

めっちゃ楽しそうなイベントですねっ!!!
行ってみたかったなー(>_<)★
次あるときは、教えてくださいねっ♪

taka Author Profile Page:

>なうしかちょ
おぉ〜気になった!? ゴメン…
"食"と"アート"の融合は今回の"SWEETS"というイベントだけでなく4月のDESIGNING展などでもやられているので行ってみては!?

※名前とメールアドレスは必須です!