TOP » アートをたずねる俺 » ANTI SYSTEM PRODUCTS : DESIGNING展 2008
2008.05.04 14:16(Sun)

ANTI SYSTEM PRODUCTS : DESIGNING展 2008

ANTI SYSTEM PRODUCTS : DESIGNING展 2008

DESIGNING展関連の記事の最後を飾るのは今回本当の意味での"エコとは"、そして"ものを大事に使うとは何か"を考えさせられた冷泉荘のANTI SYSTEM PRODUCTSVELOさんの「RE-USE DESIGN ~Keep On Using~」です。

今回のVELOさんの作品は"RE-USE"="再利用"をテーマに作られた作品で、すべて何かしら使われたものを使って別の新しいものへと変化させています。

ANTI SYSTEM PRODUCTS : DESIGNING展 2008ANTI SYSTEM PRODUCTS : DESIGNING展 2008
昨年のDESIGNING展でもVELOさんのところでやったPoeMさんのガムテープのお財布がアワードを取られましたが、師であるVELOさんはさらに一つ上を考えた新聞紙や雑誌などの見終わった紙媒体から財布へと進化させています。
ガムテープの財布もよかったですが、より一層VELOさんのほうが面白いですね。

ANTI SYSTEM PRODUCTS : DESIGNING展 2008ANTI SYSTEM PRODUCTS : DESIGNING展 2008
他にもケーキ屋さんやブランドものなどの紙袋をバックへと進化させています!!
こちらもやられましたね...
バックの方はコラージュ作品など、アーティストの絵とコラボで絵柄がかっこよい。
発想が面白いです。

ANTI SYSTEM PRODUCTS : DESIGNING展 2008ANTI SYSTEM PRODUCTS : DESIGNING展 2008
実はもう一個目玉があったのですが、それは特許ではないですが良いアイデアなので何かしらでVELOさんのアイデアとして確立しようと思っているそうなので観に来ている方以外には公開しないでほしいみたいなので内緒で(笑)
こちらも何かしら使われたものでエコバックに進化しているのですが本当にかっこいいです!!

昨今、"マイ箸"や"エコバック"などわざわざそのためだけにまた新たにつくられたものが多く、有名デザイナーが作った"エコバック"だとすごく高かったりします。
ちょっと本末転倒なことがありますが、VELOさんが考えるこれらの作品たちはある種究極の"エコ"なのかもしれませんね。

そんなわけで何回かにわけて記事を書いて来たDESIGNING展ですが、自分が記事にしたところが自分的にはすごく良かったところですね。
ただ、残念なことにこのVELOさんの作品や宮城さんの『こどもカフェ』など、すごくいいなぁ〜と思ったところはノミネートにはされたのですがアワードには選ばれませんでした。すごく残念です。
今後もVELOさんにはデストロイヤー(破壊作家)として人類の概念を壊していってほしいですね!!

■ANTI SYSTEM PRODUCTS(旧LOVE GALLERY) - VELO
http://www.antisystem.jp/

□DESIGNING展
http://www.designing10.jp/exhibition2008/?exid=43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!