TOP » アートをたずねる俺 » YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』
2009.02.14 16:35(Sat)

YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』

YCAM 山口情報芸術センター
この日はYCAM 山口情報芸術センターまで行ってきました。

YCAM 山口情報芸術センターYCAM 山口情報芸術センターYCAM 山口情報芸術センター
始めて行ったのですがすごい施設ですね!!
まずビックリなのが公園が広いこと!!こんな広かったら安全で楽しく休日を過ごせそう!!
小さい子ども連れも安心!!
そして駐車場(無料!!)も管理されていて、駅からもそんなに遠くなくアクセスも快適。
なんでこういうの福岡市内にないのかなぁ〜とすごくうらやましくなった施設です。

YCAM 山口情報芸術センターYCAM 山口情報芸術センターYCAM 山口情報芸術センター
今回の目的は2/8まで行われている『ミニマム インターフェイス展』を観に行くのが目的です。
友人にすごく良かったと聞いていたのですごく楽しみで、最近本当に忙しくて3日くらいまともに寝ていない中、この日しか行けないので朝早くETCの恩恵を受ける為に出発しました。
でもこれが本当にそこまでしても行ってよかったです!!

YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』
「ミニマム インターフェース」とは情報化社会特有の文化的多様性を表現するキーワードとして、"インターフェースの未来" をテーマに展開する展覧会です。
つまり簡単に言うと人が例えば地下鉄などでホームや改札口だったり、目的地に向かう為の行き方を教えてくれたりと情報を第三者に理解させるための手法を様々な新しい視点で表現されていたりと誰でも楽しめる、そして考えさせられる展示になっていました。

YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』
一番ビックリしたのがインデックス、一番最初の案内場所でのDMを白いテーブルの上に置くとテーブルに文字や画像などの情報が出て来て、DMの空いている穴を指で塞ぐとそれぞれの説明やその作品の脇にある説明がかかれた物体が光るという最先端の案内の手法を体験できました。
これは本当にすごいです!!
よくアニメやゲームなどで出て来るものそのものです!!
これが何より感動しました!!
そしてこれはすごいいろいろなイベントなどの案内に使えるなぁとすごく期待で一杯になりましたねw

YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』YCAM 山口情報芸術センター『ミニマム インターフェイス展』
他にも様々な作品があり、面白かったです!!
何気に2時間くらい何度も行ったり来たりで楽しんでいましたw

YCAM 山口情報芸術センターYCAM 山口情報芸術センターYCAM 山口情報芸術センター
最後にYCAMの他の部分も一通りまわりましたがすごい魅力的なものばかりでした。
特に図書館なんか本の量、種類などすごくうらやましく思えたし、自習用のデスクはもちろん会議室までありました。
本当、福岡にも出来ないのかな!?出来て欲しい!!
福岡の文化振興財団もこういう意味あることにお金を使って欲しいですね!!
某商業施設の地下画廊など、身内しか来ていない展示会をやってももったいない!!

「隣の芝生は青い」と言いますがここまで差があるとは...。
たくさんの市民などが使ってこそ税金などを使う意味があり、YCAMは図書館などの施設内、公園なども含めてたくさんの人が来ていました。

なんかすごいうらやましく、そして展示には感動して帰りました。
YCAMスゲー!!
そしてミニマムインターフェイス展のほうは何かイベントなどで活かせないかなと期待と想像を膨らませながら帰途につきました。
山口市内なので福岡からだと距離がありますが行く価値がある施設、そして展示でした!!
>>今回撮った写真はこちらにもアップしています!!(by flickr)

□ミニマム インターフェイス展
2008-11-01(土)-2009-02-08(日)
http://minimum.ycam.jp/
http://www.ycam.jp/art/2008/08/post-3.html

■YCAM 山口情報芸術センター
山口県山口市中園町7-7
083-901-2222
火曜休館
http://www.ycam.jp/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

※名前とメールアドレスは必須です!